釜石ローカルベンチャー 古賀郁美【事業テーマ:未利用魚×6次産業】

古賀郁美

PROFILE

古賀 郁美 / Ikumi Koga
 
魚をこよなく愛し「さかなまみれプロジェクト」として雑魚(ざこ)と呼ばれる未活用魚や水産資源を活用した商品開発、新規事業創造に挑戦中。

 

MEMBER'S VOICE

応募したきっかけを教えてください

 三陸・釜石では海が魅力的な資源であるにも関わらず、十分に活用されていません。水産加工業の開発部門で仕事をしていた経験もあることから、特に「雑魚」と言われる未活用の水産資源を活用し、新たな魅力となる商品として生まれ変わらせることで、釜石の海の魅力を広く発信し、釜石に多くの人が集うようになってほしいと考え、応募しました。

現在の活動について、教えてください

 様々な食材や釜石市内の複数の業種の方と触れ合うことで、自分では気づけないような商品づくりや素材の活用のアイディアが得られました。
 半年間の活動を通じて、事業は一人ではできないということが最大の学びであり、これからは自らのプロジェクトに責任を持ち、管理・遂行していくとともに、携わっている方々に対して常に感謝の気持ちをもって臨みたいと思っています。

今後の目標を教えてください

 将来的には、未利用・未活用の水産資源を中心に扱う「商品開発アドバイザー」、三陸の海や雑魚の魅力を発信する「おさかなマイスター」として、新たな加工品を開発するなど、三陸の豊かな海の恵みを広く発信していきたいです。
 マイナーな水産資源に付加価値をつけながら世の中に流通させ、さかなまみれの世界にしていくことが、私の最大の目標です。

 

古賀郁美

 

STORY

漁業の6次産業化に取り組む古賀郁美さん。出身は東京、大学も北海道で釜石には縁もゆかりもなかった古賀さん。しかし水産学を学んでいたため、土壌が豊かな三陸沿岸での生活に憧れがあったとのこと。郷土芸能のサークルに所属していたこともあり、大学卒業後は郷土芸能の宝庫といわれている岩手に移り住んだといいます。

 

水産物の商品開発に2年間携わる過程で「三陸の水産品をより有効に活用したい」という気持ちが芽生えた古賀さん。仕事では自社加工の製品を全国に発送していましたが、規模が大きい分、三陸の水産物を扱える量が限られていたからです。

 

「まちづくりにも関わる中で、釜石が好きになりました。小規模で良いので、地元の水産物の価値を地域の人にもっと知ってもらえるような事業を始めたいと思ったのがきっかけでした」(古賀さん)

 

6次産業化の強みは、原料の仕入れから販売まで一貫して可能なことです。水揚げされても安く売られたり、加工に適さないため洋上で捨てられてしまう水産資源に付加価値をつけて販売することを目指します。変わった魚と出会えることも海の魅力の1つ。古賀さんは「釜石であがる魚の中では、カナガシラが見た目も可愛くて味も美味しいのでお気に入りです。一見するとさばき方が難しいカジカや変わった形のマトウダイなど、魅力的な魚をもっと知ってもらいたい」と笑顔で語ります。