Public Venture Program 2.
農業

Public Venture Program 2. 農業

VISION~目指すのは、誰もが生きがいをもって楽しく暮らす町。「甲子柿」を活かした地域商社をつくる。~

釜石市の内陸に位置し自然豊かな甲子地区には、ここにしか無い珍しい柿があります。石室(いしむろ)で1週間燻して渋を抜くという製法でつくられた真っ赤で美味しい柿は昔から秋の味覚として地域の人に親しまれてきましたが、年々高齢化に伴い生産者は今では十数件の農家のみとなりました。震災で大きな被害を受け、ますます地域の人々のつながりを作る必要性がある中、「この町をもっと楽しく元気にしたい」「子どもたちがずっと住み続けられる場所にしたい」と農家レストランを営む1組の夫婦が立ち上がり、そして思いに共感する地域内外の人を巻き込み、町を元気にするための「甲子地区活性化協議会」が設立されました。

目指すのは、地域が自分たちの町に誇りをもち、経済的にも自立し、笑顔が絶えない町の姿です。甲子柿をきちんとブランド化することはその町の歴史や伝統を発信することでもあります。生産者が誇りをもち、そして若い人が生業を持つこと。また、交流人口を増やすことで地域全体を元気にすること。ここで地域の人と共にビジネスに挑戦することは町を元気にする活動に直結しています。

CHALLENGE例えばこんなことにチャレンジできる!

❶ 甲子柿を地域経済の核にするための新規事業をつくる

数年前からブランド化を進めており、稼げる産業にするための可能性がまだ沢山あります。生産農家の皆さん一人一人と向き合いながら、一緒に事業化をして、地域で稼ぐモデルづくりに挑戦できます。活用できる農地もあるので、稼げる農業を自分で始めたい方や柿を活かした加工品づくりなども可能です。

❷ 地域に若い人を呼び込むグリーンツーリズムを事業化する

甲子町の活性化には甲子柿のブランド化だけでなく、地域の魅力を発見し外の人々と交流するしくみづくりが必須です。甲子地区活性化協議会ではお祭りやツアーを何度も企画実施しており、農家民泊の推進も行っています。まだまだ発展途上な分、新しい視点でグリーンツーリズムや民泊をローカルビジネスとして立ち上げるといった視点の活動も可能です。


例えば、こんな1年の過ごし方

まずは協議会のメンバーと共に農家さんとコミュニケーションをとり、商品開発の現場に立ち合いながら、甲子町でチャレンジしたい事業を計画していきましょう。

PARTNER甲子地区活性化協議会

団体概要

甲子柿を活用した地域経済の成長やグリーンツーリズムによる交流人口の拡大を目指し2014年に設立。地域の農家レストラン、道の駅、甲子柿の生産組合、市役所、東京のボランティアメンバーなど多様な団体で構成され、地域内外の人々と連携をしながら甲子町を盛り上げる仕掛けづくりを行っています。


エントリーに興味のある人に向けてのメッセージ

まず自分たちがこの町で楽しく過ごすこと、笑顔で取り組むことがモットーです。様々な課題解決に挑戦しながらも、地域の人や自然とふれあうことを楽しみ、共に笑顔になりたい人に向いています。


甲子地区活性化協議会 会長 藤井サヱ子


ローカルベンチャーのテーマ×パートナー

  • 釜石地方森林組合

    林業・木材加工

  • 甲子地区活性化協議会

    農業・グリーンツーリズム

  • 根浜マインド

    着地型観光

  • 釜石六次化研究会

    水産・六次化

  • リノベーションプロジェクト

    商店街活性化

  • フリーテーマ

    フリーテーマ

エントリー方法

個人として釜石ローカルベンチャーコミュニティにエントリーする場合、2つのエントリータイプを選択して頂きます。

1.テーマエントリー
地域パートナーと連携して各種テーマに取り組む

5つのテーマもしくはフリーテーマを選択ください。

※起業支援金の交付を受け、釜石に滞在しながら起業や新しい働き方を実践するプログラムです。

2.フレキシブルエントリー
自分に合った関わり方で挑戦する

ご自身で二拠点ビジネスや遠隔で関わりたい方向けのプログラムです。

※コワーキングスペースの活用やパートナー紹介といった権利を提供します。

下記フォームよりお申込みください。エントリーシートを送付いたします。



※本プログラムは地方創生推進交付金を活用した「ローカルベンチャー推進協議会」の事業の一環として実施しています。全国の自治体が連携し、未活用資源を価値に変え、地域に新たな経済や暮らしの豊かさを創造する移住・起業支援プラットフォーム「ローカルベンチャー推進協議会」を平成28年9月に発足。岡山県西粟倉村(幹事団体)、岩手県釜石市(副幹事団体)、北海道下川町、北海道厚真町、宮城県気仙沼市、宮城県石巻市、徳島県上勝町、宮崎県日南市によって構成し、NPO法人ETIC.が協議会事務局を務めています。